2012年04月05日

自らを奮い立たせるもの

燃えたぎるような野心を持っている人は幸せだと思う。しかし一人で踏ん張ってみても、物事を決して前へ進めることはできないだろう。一人でできることなど限られているものである。熱い野心の炎をどうすれば人々へ伝えることができるのだろうか。

思いを人に理解してもらい協力を得るためには、具体的かつ論理的でなくてはならない。「何か大きなことがしたい」などと、漠然と熱く語ったところで、普通のまともな人であれば相手にしないだろう。極めて論理だって、目標の背景と具体的手法、そして成功の果実の大きさを説得できなければならない。つまり、知がまずなにより必要である。

利己的すぎても人はついて来ない。仮に人を出し抜いて成功できたところで、それは一時的なものに終わるだろう。なぜなら、利己的な人の周りになど人は長く居続けることはないからである。

ところで、年を重ね、小さくても多少の成功を積み重ねていくと、どんな人であっても野心の炎はやがて小さくなっていく。目標が大きければ大きいほど、成功に至るためには時間がかかる。長丁場の戦場で、野心の炎を絶やさないためにはどうすればよいのだろうか。私は悔しさに素直に向き合うことではないかと思う。野心を実現する過程では、自らの思いを否定されることは良くあることである。悔しく涙することだってある。この悔しさを、何かで紛らわして蓋をするのではなく、素直に受け止め、怒りに変えるのである。この怒りは、やがて、再び熱い野心の炎となって心に宿る。

成功に至ることなく人生を終える人も大勢いるだろう。しかし、野心を実現するための努力、その過程こそが重要なのであって、努力した結果、目標に到達できなくても十分に充実した人生を送れると信じる。人生も後半になり、後からふと己の野心に気づき、しかしもう手遅れだからとあきらめてしまうことほど悲しいものはない。
  


Posted by furuhiro at 00:13Comments(0)その他