2010年05月27日

スマートフォン・フィーバーの先にある危機

このブログは博多の某喫茶店で次の会議の合間に書いている。イーモバイル社のデータ通信モジュールを使い、すでに1時間以上インターネットに繋ぎっぱなしである。自宅のネット環境である光回線+WiFiルータに比べれば若干レスポンスは遅く感じるものの、通信が途絶えることもなく快適といってよいだろう。大きな喫茶店である。客はざっと見渡したところ50名程度はいるがPCで作業しているのは私一人。携帯を触っている人は、大方20名くらいであろうか。スマートフォンを使っている人は確認できず。この環境であれば、快適に通信が行えてさもあらん、といったところか。

スマートフォンの普及が進み、多くの人々が使い始めると、この快適な環境が懐かしく思えてくるに違いない。最新の統計データによると、日本におけるスマートフォンの普及台数はおよそ200万台。1億1200万台の携帯電話が普及している中で、まだわずか1.7%なのである。これが10%になると、我々が享受できるモバイル通信環境は一体どうなるであろうか?

iPhoneが発するデータ量は、通常の携帯電話の10倍であると言われる。画面の表示領域が大きく、CPU処理能力の高いiPadやその類似製品の普及が進むと、10倍どころではないだろう。

モバイルオペレータは、今とても大きなジレンマを抱えているはずだ。ユーザの嗜好が、旧来の携帯電話からスマートフォンへと変化する中、ユーザを獲得するためには、積極的にスマートフォンを売っていかざるを得ない。しかし、増殖するスマートフォンに対して、果たしてネットワークが耐えることができるかどうか。気が気ではないだろう。どれくらいのトラフィック拡大が起こるか、誰も予想できない。全てはアプリケーション次第。これまでになかったユーザインターフェースを提供する端末である。その上で動作する新種のアプリケーションは誰も予測できないのである。とてつもないネットワーク負荷をかける超ヒット作が出現する可能性は高い。

この状況を道路交通にたとえると、これまでは、皆バイクに乗って大人しく通行していたものが、多くの人が大型自動車で通行するようになるということである。オペレータはユーザへ出来る限り快適な通信環境を提供する必要がある。LTEによって道路の幅をちょっと広くしたところで、おそらく焼け石に水。残る手立ては、ひたすら基地局を打ちまくるしかない。基地局の増設は、道路上(無線回線)を走る移動体(データトラフィック)を道路から出来る限り早くオフロードできるようになることを意味する。こうすれば、無線の混雑を抑えることができる。

しかし、基地局の増設はオペレータにとってはコスト増となる。ユーザから徴収する通信料は年々下がる傾向にあり、オペレータが感じるコスト負担感は、加速度的に重く感じられるようになるだろう。

スマートフォンの普及促進は、ユーザにとっては喜ばしい限りであるが、オペレータにとっては、これまでのビジネスモデルが早晩立ち行かなくなる危険性をもはらんだ危険な賭けなのである。
  


Posted by furuhiro at 19:18Comments(1)

2010年05月15日

ネット中立性論に潜む罠

久しぶりのブログ更新である。最近ツイッターの手軽さと反響の手ごたえに溺れてしまい、すっかりブログ更新がおろそかになってしまっていた。しかし、大きなテーマについて論じようと思うと、さすがに140文字では足りない。今回は日本ではあまり騒がれていないネット中立性の問題について考えてみた。もしかすると事実誤認があるかもしれない。お気づきの方は遠慮なくご指摘ください。

ネット中立性支持論者は、キャリアが特定のコンテンツプロバイダーのトラフィックを抑制すべきではないとの立場で、そのような行為を行うキャリアを糾弾する。そもそもキャリアがこのような行動をとる背景には、一部のコンテンツプロバイダが、とてつもなく大きなコンテンツを流し、キャリアが管理するネットワークを輻輳状態に陥れる問題が頻発しているからだと聞く(いわゆるネットワークただ乗り問題)。一部のキャリアが、他のユーザとの公平性の観点から、このようなコテンツへの割り当て伝送帯域を減少させるなどの対策を講じており、これがネット中立論者の反感を買っているという構図である。

ネット中立性の主張者の多くは、コンテンツプロバイダである。コンテンツプロバイダは、自社のサービスが帯域規制によってブロックされ、その一方でキャリア自らが提供する同種サービスが優先的に流されることを危惧し、中立性の論陣を張る。また、一部の市民活動家らは、キャリアによるコンテンツ流通規制が、言論の自由を脅かすのではないかと危惧し、中立性の論陣を張っているケースもある。

キャリアがコンテンツプロバイダと同じ土俵のコンテンツサービスを手掛けるからこういう問題が起こる。キャリアが土管提供に徹していれば、公平性を担保するためのトラフィック規制も、文字通り素直にコンテンツ専業プロバイダは受け止めることが出来るだろう。

その一方で、物理的な伝送帯域幅には限度があるわけであるから、自分のシマを守るためにトラフィック規制を許さないとするコンテンツプロバイダに対しては、無責任さを感じる。高速道路に車幅10m、長さ2kmの超大型車を走らせたら一体どういうことが起こるか想像してみたらいい。中立性を担保せよと主張し、その陰で帯域占有の不公平は許されて良いのか?割を食らうのは、ネットの世界における弱者、すなわち個人であろう。

さて、少し視点を変えてみたい。現在のアクセス系ネットワークは主としてエンドユーザ(ほとんどは、視聴者であって発信者は少数)への課金によって運用されていると考えられる。コンテンツをせっせと愛読してくれるユーザがネットワークの敷設維持コストを負担し、その上でコンテンツプロバイダは気兼ねなく大量のデータを流すと言う構図である。これに加えて、コンテンツプロバイダはキャリアに対してトラフィック規制は行うなと主張する。ネットワーク利用の受益者であるはずのコンテンツプロバイダが、自らアクセス網の敷設維持コストは負担してないにも関わらず、トラフィック規制はするなと主張する。少し自分勝手な主張ではないだろうか。

誤解しないでほしいが、私はコンテンツ市場の拡大こそが次代の通信社会を考える上で何より優先される事項であると考える。この前提に立つと、ネット中立性を頑なに主張するコンテンツプロバイダ達には、もっと広い視点に立ち、その行為によって自らの成長機会が奪われるかもしれないことを伝えたい。

もし社会がネット中立性は守るべき重要なものと受け入れ、いかなる理由があろうともキャリアがコンテンツプロバイダに対して帯域制限を行うことはご法度である、と規制をかければ一体何が起こるであろうか。

まず、キャリアの下へユーザからの苦情が殺到する。見たいコンテンツがあるのに見れない、と。キャリアは仕方がないのでインフラの増強を図る。対象のインフラは、アクセス網であったり、バックホール網であったり、あるいはバックボーン網であったりする。インフラ増強のコスト負担は、しばらくはキャリアが被ることになるだろうが、次第にそうも続けられなくなって、いずれかのタイミングでユーザへの通信費に転嫁されるだろう。ユーザへ課金される通信費の上昇が、ユーザのコンテンツ支出性向を減衰させ、コンテンツ市場へ流れるお金の量が減る。

上記シナリオの結末は、中立性が担保されれば安泰と考えたコンテンツプロバイダが、その主張によって自らのビジネス環境を苦境に追いやってしまうという、笑うに笑えない結末である。

繰り返すが、コンテンツ市場の拡大こそが今後のネットワークの発展、いや経済社会全体を考えた場合に最も優先される事項である。コンテンツ市場へより一層のお金が流れる様な仕組みを作らなければならない。ネット中立性と言う近視眼的な主張が、コンテンツプロバイダ自らの首を絞める結果とならなければいいが。
  


Posted by furuhiro at 22:49Comments(0)