Posted by at

2009年02月07日

素の経済学

経済学者でもない私がこのようなことを考えるのは、現在、私自身がベンチャー経営に携わっていることが大きいが、この分野がどうもよく理解できておらず私 なりの理解を深めたいからである。新聞の経済面に書かれている内容は専門用語のオンパレードでよく分からないことが多い。今回は素を良しとするこのブログ の基本精神にのっとり、理解の途上ではあるが、思い切って私なりの経済学について披露したいと思う。

お金持ちを多くの収入を得る人(あるいは法人でもよい)だと定義すると、彼らは当然多くの出費もするから、お金の出入りはともに多い。支出は他の人の収入 となり、たくさんの人々が互いにお金の出入りを枝とするネットワークで結ばれ、この世の経済活動はモデル化される。景気が良いとは、この人と人を結ぶ枝が 全体的に太い状態をさし、お金の廻りが良い状態。逆に景気が悪いとは全体的に枝が細い状態をさし、お金の廻りが悪い状態である。このようなネットワークを お金ネットワーク、各枝を金官と呼ぶことにしよう。

このお金ネットワークの流れを制御するのは心臓に当たる銀行。銀行には2種類あって、お金製造機である日の丸銀行とポンプ役を担うタダノ銀行。タダノ銀行は複数存在し、日の丸銀行で作られたお金を借りて、お金ネットワーク内の各人へお金を供給するのである。

タダノ銀行は日の丸銀行からお金を借りるのだから、当然返さなくてはならない。したがって、彼らがお金ネットワークの各人にお金を供給する時には、利息を 付けて回収できることが前提となる。ここで、リスクという概念が発生する。お金を貸したところで、必ず回収できるわけではなく、回収できなければ損をす る。つまり、お金を貸すとは貸し倒れの危険を覚悟の上で人にお金を供給するのである。

担保をとりお金を貸し出す連中は真の意味でリスクを取っているとは言えない。彼らは貸した相手からお金の回収ができないとなると、貸したお金に資する不動 産等の現物を召し上げるのである。すなわち、このような類の金貸しは担保を有する限定された人にしかお金を供給せず、かつ仮に回収できないとなると、その 人の財産を奪い、この人から生ずる金官を限りなく直径0に近づけてしまうのである。このような金貸しばかりがポンプの役を担うと、景気を良くする効果すな わち金官を太くする効果は限定的であろう。

ところが借りた金を面白く使う連中がいる。無担保で貸し出す連中だ。彼らはイノベーションに対してお金を供給する。この行為は投資といわれ、彼らを投資家 という。投資家は投資と引き換えに投資先の株を手に入れる。株もある意味担保といえるかもしれないが、株は投資先が勝手に刷った紙であるから、土地などの 現物とは異なり、価値無しに容易になりうる。したがって、金貸しの担保とは性格を異にする。

投資家は投資先のイノベーションに賭け、株の価値が上がることを信じリスクを冒す。ある人がイノベーションによってお金の出入りを良くすることができれ ば、この人から出る金官は太くなり他の人のお金の廻りすら良くする方向へと導く。こうしてお金ネットワークの金官は全体的に太くなり、景気は良くなってい く。投資先に土地などの担保はいらない。イノベーションがあればいい。

投資家が積極的にリスクを取るようになると、タダノ銀行の貸出需要が増え、日の丸銀行は需要に応えるためお金をたくさん刷って貸し出す。金官は太くなり、 景気は良くなる。お金ネットワークに供給されるお金の量は増える。すなわちイノベーションはお金を増やすのである。お金ネットワーク内の人の数は常にほぼ 一定であるから、流れるお金の量が増えれば物品・サービスの価格は上がりインフレが起こる。

人類は数えきれないイノベーションを生み出し、お金を増やしてきた。今は急速に金官が細くなっていっている状態である。しかし、投資家がリスクを冒すこと をためらうようであってはならない。投資家がリスクを冒すことをためらうと、それはイノベーションを開花させる確率を下げることになり、ますますお金ネッ トワークの金官は細くなっていく。太くするための特効薬はイノベーションを増やすことである。そのためには投資家が積極的にリスクをとるように仕向ける政 策が重要であろう。そのひとつが日の丸銀行の貸出金利を低くすることだ。

リスクを冒すこと、イノベーションを成すという覚悟、いずれも心理的な要素が大きい。景気が悪いからと言って、盲目的にリスクをとることをためらう行為 や、イノベーションを成す覚悟を捨てる行為は、さらに悲劇的な状態へと自らを陥れるだけだ。イノベーションに景気の良し悪しは関係ない。むしろ、景気が悪 いそのこと事態が新たなイノベーションを生む素地になる。
  
タグ :経済


Posted by furuhiro at 00:00Comments(0)経済